1.14.2018

hender scheme typical color exception loafer NOW IN STOCK

hender schemeより新作のご紹介です。


hender schemeよりオマージュシリーズに続く新しいシリーズが誕生しました。
「typical color exception」
典型×典型=例外 typical×typical=exception
既存の配色イメージ(典型色)をクラシックで定番化しているレザーシューズの
デザインと重ねることで色が持つ記憶や情報を浮き上がらせることを狙っています。

新しい切り口のシリーズです。

第一弾としてpurple×yellow、blue×orange、white×blackをnew standard loaferと
組み合わせています。ソールはレザーソールになります。

僕は展示会で見た時にすぐに分かりましたが、この組み合わせを見て分かる方は
稀じゃないかな?と思います(苦笑)あるスポーツのチームカラーなんですが。

NBAを知らないと出てこないと思いますが、知ってる方、好きな方は見てすぐに
それぞれチームが分かるかもしれませんね。

purple×yellowはレイカーズ、blue×orangeはニックス、white×blackはネッツです。
white×blackはスパーズかとも思いましたが、この3チームをイメージしてるそうです。




個人的にもベーシックなモノばかり着たり履いたりしていることに少し物足りなさが
あったので小物、靴に面白いモノを取り入れたい気分だったので買い付けました。

white×blackは派手さはないですが、残りは派手に見えるかもしれません。
ただ、意外と履いてみると案外ハマるんです。

hender schemeと言えばスニーカーをレザーで作ることを得意としていますが、
このシリーズもスニーカーと関係なくもないんです。というのもスニーカーには
このような配色のものは数多く存在しています。スニーカーとレザーシューズを
行ったり来たりして物作りをするhender schemeらしい着眼点ですね。

そんなスニーカーを履いてるならばその感覚でレザーシューズを履くというのも
面白いんじゃないかな?と思います。個人的には全色履きたいです。




new standard loaferはビブラムソールですが、今回はレザーソールになります。
ラストは同じなのでフィッティングなどは同じですが、革がスウェードなので
表革の定番のタイプよりも馴染みが早いと思います。また、ソールの返りも
ビブラムソールよりもあるので足抜けしにくいかもしれません。



white×blackは全然派手さもなくすんなりと溶け込んでいます。
シックなイメージかもしれません。



ボルドーのボアベストを着ているため色が喧嘩するのを防ぐため下半身だけの
写真にしています。こうやってデニムに合わせたりカーゴパンツなんかに合わせると
いい感じじゃないかな?と思います。



blue×orangeは明るい印象です。なんだかイタリアンな香りがします。
インディゴブルーでもいいんですが、ホワイトデニムと合わせたいです。
また、どのカラーにも言えますがショートパンツとの相性は抜群だと思います。





hender scheme typical color exception
size:3,4/ color:white×black,purple×yellow,blue×orange/material:cow leather/ price:54,000yen+tax
made in japan

通販等のお問い合わせ
trunk Tel 092-726-6605
オンラインストアはこちらから▼
trunk online store

Facebook
Twitter
Instagram
Tumblr

0 件のコメント:

コメントを投稿